スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Neuro Cafe 吉祥寺までの道のり

Neuro Cafe 吉祥寺までの道のり



吉祥寺駅に降りつきましたら、公園口に出てください。公園口を出て右に進みます。



しばらく進むと交差点に出ます。Step in Step の看板が見えるので、そちらに渡って下さい。



渡りましたら、Step in Stepの左方向の道を、しばらく不安になるぐらい道なりに進みます。



緩やかな右カーブもそのまま進みます。




しばらく進むと、右手に吉祥寺カトリック教会、左手奥に井の頭公園の入り口が見えてきます。あともう少しです。




カトリック教会を過ぎて、公園の入り口近くに来ましたら、右手に井の頭マンションがあります。そのマンションを沿うように右に曲がると、アーティスティックな壁面が見えます。



その壁面の先がNeuro Cafeです。




Neuro Cafe吉祥寺のホームページもご覧ください。

http://www.neuro-cafe.com/lp/#article06


それではどうか、良い旅を!







スポンサーサイト

「Bottle Ship Journey 」旅のしおり

「Bottle Ship Journey」旅のしおり

どうも。
ブログみたいなことを、旅のしおりと題しまして、久方ぶりに書こうと思います。ヤコウバスの川名です。

今週5日から吉祥寺にてはじまる、Bottle Ship Journey、とうとう稽古も全日程を終え、3000円のお芝居を身体をボロボロにしながら、誠心誠意、素直に正直につくりました。稽古を終えて、そんな風に思います。

毎日、7人が、心と体をクシャクシャにして帰る、全身全霊とでも言うんでしょうか。それぞれが、お疲れ様、と帰る、疲労と充実と役への葛藤を醸し出すその後ろ姿が、印象的な稽古場。

7人の演劇馬鹿野郎どもです。本当に。台本に、これだけ馬鹿正直に、馬鹿素直に立ち向かってくださった野郎どもの愛くるしさといったら。

と、いうことで、旅のしおりです。

ボトルシップ。
瓶の中に船の模型が入ってるやつです。1800年前後に、船乗りが航海の暇つぶしに、飲み終わった酒瓶と船の中にある材料だけで作ったのが始まりだそうで。日本に伝わったのは大正時代。そもそもボトルシップは和製英語で、英語名はship in a bottleだとか。

小難しいこと抜きに、素直でまっさらなお芝居を一度書いてみよう。
去年の7月ごろからぼんやりと頭にあったことで。当時は自分の中で、難しいことや、頭をフル回転させて、持てる技術を最大限にぶち込むみたいなことが流行ってて。

あまり衝動みたいなことで書いたことがなかったので、一度それをやってみたいと。

ってことは、青春ものかなぁ。

そもそも、中学や高校の時は、なんだかわからないけど子供が大人ぶって、それと話すのも得意ではなく、あと頭も悪かったので、わりと静かに隅の方にいた気もして。そう思うと今になって青春みたいなカッコ悪くて気持ちの悪いものに、少し憧れと劣等感があり。

どうせならこれでもかと書いてやろう。

海だ。

稚拙な連想です。

ってことは男7人で。

ある種不気味な笑いをうかべながら。

旅でしょ。

そんな連想と妄想が渦巻く中、別の現場の小道具探しで雑貨屋さんをふらふら、ごちゃごちゃと物がオシャレに散乱している中、目に留まったのがボトルシップでした。

そもそも、なんで瓶の中に船入れるなんて発想。この船からは一応外の景色はみえてて、でも瓶の中で、なんだか不思議。

それで、衝動的に最後のシーンをぶわーと書いたわけであります。

今までは、ひとつひとつ、着々と頭から書いていたので、正直大丈夫かなこれ、と思ってたわけです。

それが、昨日、稽古を全て終え、気づいてみると、野郎どもの愛くるしい航海記が、本当に素直な形で現れていたわけで。

こんな青臭くてカッコ悪い素朴なまっさらな作品に全力でもがいていただいたキャストスタッフに感謝です。

今日から小屋入り。

とうとう5日から。

無謀にも儚い野郎どもの航海。

「Bottle Ship Journey」

どうか良い旅を。

http://www.gekidan-yakobus.net/nexttrip.html


TPM便り


こんにちは。港谷です。

雑談としてなんでもないことを書く時はこの公式ブログに書くことでもなく、自分のブログがあるじゃないかーとなってしまい、さらにTwitterやFacebookと言うものがあると、ついついブログが後回しになってしまっており、まぁそれは前々から気づいていたのですが手付かずとなっていました笑。

すみません。


がしかし!
今回はちゃんと書かねばと思い直し、元気満々で書いて行きます!しかし、もし前はあったのになくなった、とかそういう記事がありましたらヤコウバスの添削に引っかかったんだと密かにほくそ笑んでください!港谷、くだらない事ばかり書いてるからなと。

さて。でもまずはTwitterでもやってる稽古場便りを(早速Twitter頼りかいッ)140文字で書けなかったことなど補足的に触れて行きます。

ちなみにタイトルの『TPM便り』は今回の演目が『Three Piece Moratorium』なのでそこの頭文字を取っただけです笑。


【稽古場便り】

ヤコウバス、本日稽古初日でした。

久々に顔を合わせた面々は恒例のお互いの近況バナシから緩やかに稽古がスタート。稽古後、制作の永田含めて久しぶりの4人集合となりました。
本番まで1ヶ月。このメンバーでしか出来ないことを作って行きます。

*ヤコウバスは毎回川名くんが「やぁみんな、最近どう?」と話しかけてくる所から始まります。

*初日はどんな作品になるか、どんなことに挑戦したいかという概要から入り、台本ありきではなくみんなで作っていこうとなりました。

~次の稽古にて~

2回目の稽古にしてもう今回のお芝居の核心部分に触れました。今回は三人が三人とも自分たちってこういう人間だよなと見つめ直す時間にもなっています。帰り道もあれこれ話しながら。

*今回は「何者でもない演劇青年3人のお話」なので自分たちとリンクする所が多いのです笑。


~昨日の稽古にて~

昨日の稽古では全シーンの全貌が明らかになり、荒くではありますが全シーンに触れました。ここから削ったり或いは増やしたりしつつ、繊細に作って行きます。休憩の時にふらっと外に出て、タバコを吸ったりコーヒー飲んだりしながらも、三人揃ってしまい、シーンの話をしていました。

*3日目で全シーンに触れることが出来たのは今回が番外公演で、今までと違う立ち上げ方をしてるからかもしれません!普段はもっとワンシーンに時間をかけていきますから。

*三人ってやっぱりすぐに集まれちゃうんですよね。三人のうちの誰かがどっちかの方に行くと自然とそこに集まっちゃう。


さてさて。
実はあと1時間ほどで
『Three Piece Moratorium』のチケットが予約開始になります。まだヤコウバスをご観劇になったことがないよという方はチャンスですよ!
今回は番外公演なのでリーズナブル!
そして今までよりお客さんとの距離も近いです!

ぜひこの機会に一緒に旅に出掛けましょう!\(^o^)/

公演詳細はヤコウバスHPをごらんください♪

百鬼夜行二鬼目「Three Piece Moratorium」

劇団→ヤコウバス~番外百鬼夜行二鬼目~
「Three Piece Moratorium」

ヤコウバス、2回目の番外百鬼夜行は、
メンバー3人の一幕劇。
何者でもない演劇青年3人の3人暮らし。

さよならモラトリアム。
こんにちはモラトリアム。
モラトリアムなんてかっこ悪い言葉、大っ嫌い。

今度の旅路は、そんな、番外ならではのでこぼこ道。
ご一緒できれば幸いです。

どうかよい旅を。


作・演出:川名幸宏

♢出演
酒寄拓
港谷順
川名幸宏

♢公演日程
2014年11月11日~16日(全7ステージ)

11日(火)19:00
12日(水)19:00
13日(木)19:00
14日(金)19:00
15日(土)14:00/19:00
16日(日)14:00

*受付開始・開場は開演30分前です。

♢会場
exhibition space CLOSET(旧 百想)
東京都武蔵野市吉祥寺本町3-3-9 二階

♢チケット料金
前売り当日共に1500円

予約フォーム:(10月11日12:00~予約開始)
https://ticket.corich.jp/apply/59877/

♢スタッフ
宣伝写真:林亮太
演出助手:江口彩
制作:劇団→ヤコウバス

◇お問い合わせ
劇団→ヤコウバス
Mail gekidan-yakobus@hotmail.co.jp
HP http://www.gekidan-yakobus.net/
Blog http://yakobus.blog.fc2.com/
Twitter @gekidan_yakobus
Facebook http://ja-jp.facebook.com/gekidanyakobus


_71D5750-620(2).jpg

【客演情報】日本コメディ協会『お披露目~浮気編~』

お久しぶりです。港谷です。
長らく更新が止まってしまいまして申し訳ありません。

さて、
酒寄が9月の頭に客演させていただきます、日本コメディ協会の情報です。



日本コメディ協会『お披露目~浮気編~』
会場:駅前劇場

出演
【vol.1】城市のび太(劇団SHOW&GOFESTIVAL)、久保多聞(劇団SHOW&GOFESTIVAL/株式会社StillWoodGarden)、内山雅博(B.WALKSTUDIO)、酒寄拓(劇団→ヤコウバス)、福田早紀、倉垣まどか

【vol.2】滝沢久美(ZIPANGUStage)、米田京平(ZIPANGUStage)、世古新(ZIPANGUStage)、西垣俊作、布袋田雅代(ThreeQuarter)、薬師寺尚子

【vol.3】笠野哲平(マグズサムズ)、林ひろこ、村崎緑、一宮周平(パンチェッタ)、神谷はつき(ファルスシアター/パセリス)、小久保英明(アイリンク/日本コメディ協会)

【vol.4】荒川真琴、茨木学、景浦大輔(トリトリオフィス/日本コメディ協会)、ちかみどり(オスカープロモーション)、森夏姫(アーツビジョン)、前田勝


脚本 下記に記載。
演出 下記に記載。

料金:2,500円 ~ 3,300円
【発売日】2014/07/19

前売:3,000円、当日:3,300円
学生:2,500円(学生証提示)

サイト http://jca.paseris.com/
※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

タイムテーブル 2014年9月
6日(土)19:00
7日(日)12:00、15:30、19:00
8日(月)12:00、15:30

※受付開始は開演の40分前、開場は30分前です。




日本コメディ協会がお送りする、
初めての公演がいよいよ「お披露目」!

「男1は女1という妻がいながら、女2と浮気をしている。
しかし、女2にも男2という夫がいて・・・」

という、人物相関図を固定した、
男3人・女3人の30分の短編4本を上演します!

上演作品は以下のとおりです。

vol.1:「ラッキー・ストライク」
原案:冨坂友(アガリスクエンターテイメント)
潤色・演出:祝しょーご(劇団SHOW&GO FESTIVAL)

vol.2:「リフォームするのに業者はいらない。」
作:竹田哲士(電動夏子安置システム)
演出:今石千秋(ZIPANGU Stage)

vol.3:「離陸前リリック」
作:佐藤史久(マグズサムズ)
演出:遠藤隆之介(ファルスシアター)

vol.4:「信じたらそこで終わり」
作:浅海タクヤ(パセリス)
演出:佐藤竜(劇団さしすせそ)


ご予約はこちら(酒寄扱い)
プロフィール

yakobus

Author:yakobus
明治大学シェイクスピアプロジェクト出身の劇団、「劇団→ヤコウバス」のおふぃしゃるぶろぐです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
「Three Piece Moratorium」CoRich予約フォーム

携帯からの予約はこちらをクリック!



[PR] FXシストレ ナチュラル服 FX初心者 sakutto
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。