スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねこの勉強会のお知らせ

ふたたびやります。今週の日曜日5月18日。ワークショップです。よかったら。

fc2blog_20140415130051bf8.jpg

劇団→ヤコウバスpresents
「ねこの勉強会」

かつて、明治大学で活動した劇団、きせかえできるねこちゃん。
その主宰、丸山港都氏を招いてワークショップを敢行します。

名付けて、「ねこの勉強会」
ワークショップというより勉強会です。
前回はソーントン•ワイルダーの「わが町」をテキストに、本読みをやってみます。
今回はカレル・チャペックの「ロボット」をテキストにします。

参加費なし。どうぞ、ふるってお越しくださいまし。

ーーーーーー

劇団→ヤコウバスpresents
「ねこの勉強会」

2014年5月18日(日)13時~17時ぐらいまで。

開催場所は応募の連絡をしていただいた方にお伝えいたします。
どこかで聞きつけて来ていただいても大丈夫です。

参加費無料。

持ち物
動きやすい服装。
カレル・チャペック著「ロボット」(岩波文庫)
参加費がわりに、この機会になるべく手に入れて欲しいですが、手に入らなかったり飛び込み参加も大歓迎です。ご連絡ください。

参加連絡先
paris_has_love@yahoo.co.jp(港谷)

どうぞ、よろしくお願いします。

ーーーーー

プロフィール

丸山港都
俳優。
1988年7月26日生まれ。
長野県出身。

2008年、明治大学演劇学専攻を中心に「きせかえできるねこちゃん」を結成。主宰。
2009年、第6回明治大学シェイクスピアプロジェクト「ハムレット」ガートルード役。
2010年、串田和美主宰の「まつもと市民芸術館レジデントカンパニー(現 TCアルプ)」入団。数々の舞台を踏む。
2014年、活動の拠点を東京に移す。



カレル・チャペック著「ロボット」
舞台は未来のとある孤島。そこにはロボットの工場がある。ここで製造されたロボットたちは世界中に送られ、さまざまな労働に使われていた。人々はロボットによって便利な生活をしはじめていた。そんなある日、ロボットたちが反乱を起こし…

チェコの作家カレル・チャペックによる戯曲。1920年に発表された。この劇の発表によって「ロボット」という言葉を創り出した、歴史的作品である。
スポンサーサイト
プロフィール

yakobus

Author:yakobus
明治大学シェイクスピアプロジェクト出身の劇団、「劇団→ヤコウバス」のおふぃしゃるぶろぐです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
「Three Piece Moratorium」CoRich予約フォーム

携帯からの予約はこちらをクリック!



[PR] FXシストレ ナチュラル服 FX初心者 sakutto
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。