FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Bottle Ship Journey 」旅のしおり

「Bottle Ship Journey」旅のしおり

どうも。
ブログみたいなことを、旅のしおりと題しまして、久方ぶりに書こうと思います。ヤコウバスの川名です。

今週5日から吉祥寺にてはじまる、Bottle Ship Journey、とうとう稽古も全日程を終え、3000円のお芝居を身体をボロボロにしながら、誠心誠意、素直に正直につくりました。稽古を終えて、そんな風に思います。

毎日、7人が、心と体をクシャクシャにして帰る、全身全霊とでも言うんでしょうか。それぞれが、お疲れ様、と帰る、疲労と充実と役への葛藤を醸し出すその後ろ姿が、印象的な稽古場。

7人の演劇馬鹿野郎どもです。本当に。台本に、これだけ馬鹿正直に、馬鹿素直に立ち向かってくださった野郎どもの愛くるしさといったら。

と、いうことで、旅のしおりです。

ボトルシップ。
瓶の中に船の模型が入ってるやつです。1800年前後に、船乗りが航海の暇つぶしに、飲み終わった酒瓶と船の中にある材料だけで作ったのが始まりだそうで。日本に伝わったのは大正時代。そもそもボトルシップは和製英語で、英語名はship in a bottleだとか。

小難しいこと抜きに、素直でまっさらなお芝居を一度書いてみよう。
去年の7月ごろからぼんやりと頭にあったことで。当時は自分の中で、難しいことや、頭をフル回転させて、持てる技術を最大限にぶち込むみたいなことが流行ってて。

あまり衝動みたいなことで書いたことがなかったので、一度それをやってみたいと。

ってことは、青春ものかなぁ。

そもそも、中学や高校の時は、なんだかわからないけど子供が大人ぶって、それと話すのも得意ではなく、あと頭も悪かったので、わりと静かに隅の方にいた気もして。そう思うと今になって青春みたいなカッコ悪くて気持ちの悪いものに、少し憧れと劣等感があり。

どうせならこれでもかと書いてやろう。

海だ。

稚拙な連想です。

ってことは男7人で。

ある種不気味な笑いをうかべながら。

旅でしょ。

そんな連想と妄想が渦巻く中、別の現場の小道具探しで雑貨屋さんをふらふら、ごちゃごちゃと物がオシャレに散乱している中、目に留まったのがボトルシップでした。

そもそも、なんで瓶の中に船入れるなんて発想。この船からは一応外の景色はみえてて、でも瓶の中で、なんだか不思議。

それで、衝動的に最後のシーンをぶわーと書いたわけであります。

今までは、ひとつひとつ、着々と頭から書いていたので、正直大丈夫かなこれ、と思ってたわけです。

それが、昨日、稽古を全て終え、気づいてみると、野郎どもの愛くるしい航海記が、本当に素直な形で現れていたわけで。

こんな青臭くてカッコ悪い素朴なまっさらな作品に全力でもがいていただいたキャストスタッフに感謝です。

今日から小屋入り。

とうとう5日から。

無謀にも儚い野郎どもの航海。

「Bottle Ship Journey」

どうか良い旅を。

http://www.gekidan-yakobus.net/nexttrip.html


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yakobus

Author:yakobus
明治大学シェイクスピアプロジェクト出身の劇団、「劇団→ヤコウバス」のおふぃしゃるぶろぐです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
「Three Piece Moratorium」CoRich予約フォーム

携帯からの予約はこちらをクリック!



[PR] FXシストレ ナチュラル服 FX初心者 sakutto
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。